読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劇ねずみと失敗マシンガン

4コマ漫画と短編漫画!

宇宙をも飛ぶ翼!この閃きは実現するか?〜指向性遠心力推進機関〜

4コマ 指向性遠心力推進機関

未来ワクワク、今日の4コマ!

 

f:id:gekinezumi:20160703002745p:plain

 

さっぱりわからん。

って人は次の4コマへ。

 

だがしかし!この4コマに可能性を感じたそこの御仁!

これもし実現できたら大革命だよ!

 

とはいえ自分は理系ではないので、これはイメージの話になる。

4コマの中の3コマ目。つたない表現で申し訳ないが、特にこのイメージを覚えといてほしい。

 

このイメージのエンジンがあるとする。仮に「指向性遠心エンジン」と名付けよう。

 

このイメージを横に倒して、自動車のホイールに内臓させる。

そうすると車は走る。水平方向に力がかかるから。

 

なら3コマ目のイメージのまま、ホイールに内臓させたら?

「あっ!空に浮かんだ!」

空に向かって力がかかるから!

 

そのまんま上に向かえば大気圏突破!

さらにそのまま宇宙の彼方を目指せる。

 

・・・ん〜、文章もつたなくてすいません。

とはいえ、自分のイメージだと可能性を感じずにはいられない。

 

航空機も宇宙船も形にとらわれる必要がない。

と思う!

なぜなら、イメージのとおりに宙に浮かぶとすれば、滑走路とか羽とか揚力とかロケットエンジンとか必要ないから!

 

「指向性遠心エンジン」はロケット噴射をしない。

ということは、エンジンを機体の中に埋め込むことができる!

それは航空力学にそれほどとらわれる必要がないということ!

 

アスファルトの道路をなくせる。

イメージを「指向性遠心エンジン」入りの自動車に戻そう。

  • 自動車は空に浮かぶ。
  • エンジンを水平方向に少し傾ける。
  • 浮いたまま前に進む!

みなさん、車のための道路は必要なくなるのです!

 

車はタイヤがなければ走れない。そして、そのための舗装された道路が必要だ。

だけど、宙に浮かべばそもそも舗装しなくていいのです!

 

ヒートアイランド現象の原因のひとつである、舗装された道路をなくすことができるのです!

 

「指向性遠心エンジン」は電気と磁石で動くかも。

だとすると、ガソリンはいりません。

電気をどうするかってとこですかね。

 

なんだか論調が弱くなってきたな〜

 

しかし、すでに思いついている人はいた!

個人的に残念ながら、閃きは先を越されてた。

1999年に特許も申請されてました。

日本人ね。

「指向性遠心力推進機関」でググると出てきます。

 

でも、だからこそ心強い!

ちっぽけな自分の閃きが、可能性の光を見つけたようである。

自分が閃いたかどうかなんてどうでもいい。

人類のためにも地球環境のためにも絶対に実現してほしい!

 

だが、それから17年・・・

ん〜、ネットで見る限りだと発展してる感じがしないな〜

不可能意見もあるようだ。反作用がどうのこうの・・・。

 

動画がちらほらあるようだが、宙に浮かぶとかはまだ無理か・・・。

「遠心力推進」で動画検索。

 

それでも頑張ってほしい!

というのも自分も閃いたからってのがあるわけですが、なんとか実現してほしいな〜

応援します!今は声援しかできないが、いつか何かで微力ながら協力できれば!

 

そんな個人的な未来ワクワク日記でした。

駄文長文、お付き合いいただいた皆さんありがと〜!

 

おわり〜